ここから

医科歯科連携研究会

骨粗鬆症に対する積極的治療介入と継続の意義

講師 : 星野 裕信 先生(浜松医科大学医学部附属病院 整形外科 病院教授)
日時 : 5月15日(水)19:20 ~ 20:20
場所 : あざれあ 5F 501会議室(静岡駅徒歩7分 静岡市駿河区馬渕1丁目17-1)
対象 : 医師、歯科医師
参加費 : 無料
共催 : 旭化成ファーマ株式会社
申込み : 下の申込書をダウンロードしFAXいただくか、電話またはメールでお申し込み下さい。
備考 : 19:20~19:30 製品紹介「リクラスト点滴静注液5mg」

 超高齢社会となり、全国で診断・治療を受けていない「かくれ」骨粗鬆症推定患者数は1000万人以上と推計されており、将来多くの骨粗鬆症性骨折で介護が必要となる数が増大することが懸念される。診断・治療介入は地域での啓発活動や検診に頼らざるをえない。そこで我々は愛知県東栄町で2012年から運動器検診を行い、骨粗鬆症の積極的治療介入を行ってきた。この治療介入から治療継続にあたっては医療倫理の原則に基づいて、患者の背景を考慮し、治療効果を最大限にするとともに副作用のチェックを怠ってはいけない。特に骨吸収抑制剤を投与する際には、治療継続のメリットが顎骨壊死や非定型骨折などのデメリットを十分に凌駕しているかを個々の症例で確認し、それを患者さんによく理解していただいた上で治療継続することが求められる。 (講師より)

共済経税部 接遇講習会

【中部地区】トラブルを未然に防ぐ患者接遇の基本~ホスピタリティー・マインドの育成~

講師 : 津坂 知英子 氏(接遇マナー教育研究会・元JAL接遇講座インストラクター)
日時 : 5月24日(金)19:00~21:00
場所 : 静岡労政会館 6階ホール(静岡市葵区黒金町5-1 JR静岡駅北口徒歩7分)
対象 : 医師・歯科医師・スタッフ
参加費 : 1,000円
申込み : 下記申込書をダウンロードの上、FAX(054-281-7473)でお申し込みください。
備考 : 先生も含め受付、看護職員、歯科衛生士など職種を問わず、多数ご参加下さい。

 患者さまにとってよい医療サービスとは何でしょうか?今までは、主にこれが医療機関の施設といったハード面からのみ捉えられてきたようです。もちろんどんな医療機関(規模・設備・立地条件)で診てもらったかという点も大事ですが、むしろどんなスタッフ(医師・看護師・職員)にどのように診てもらったかというソフト面の方がより重要になってくるのではないでしょうか?これからの医療サービスを考えると、患者さまの立場に立って思いやりを持つ”ホスピタリティー・マインド”が不可欠となります。
 さらに、苦情クレーム発生の予防的な見地からは、まず医療機関を訪れる方の心理状態を考慮する必要があります。今回は、精神分析の口語版とも言われる交流分析の「ストローク理論」を取り上げ具体的な接遇マナーという形でご紹介します。(講師より)

共済経税部 接遇講習会

【西部地区】トラブルを未然に防ぐ患者接遇の基本~ホスピタリティー・マインドの育成~

講師 : 津坂 知英子 氏(接遇マナー教育研究会・元JAL接遇講座インストラクター)
日時 : 5月20日(月)19:00~21:00
場所 : アクトシティ浜松コングレスセンター 31会議室(浜松市中区板屋町111−1 JR浜松駅徒歩5分)
対象 : 医師・歯科医師・スタッフ
参加費 : 1,000円
申込み : 下記申込書をダウンロードの上、FAX(054-281-7473)でお申し込みください。
備考 : 先生も含め受付、看護職員、歯科衛生士など職種を問わず、多数ご参加下さい。

 患者さまにとってよい医療サービスとは何でしょうか?今までは、主にこれが医療機関の施設といったハード面からのみ捉えられてきたようです。もちろんどんな医療機関(規模・設備・立地条件)で診てもらったかという点も大事ですが、むしろどんなスタッフ(医師・看護師・職員)にどのように診てもらったかというソフト面の方がより重要になってくるのではないでしょうか?これからの医療サービスを考えると、患者さまの立場に立って思いやりを持つ”ホスピタリティー・マインド”が不可欠となります。
 さらに、苦情クレーム発生の予防的な見地からは、まず医療機関を訪れる方の心理状態を考慮する必要があります。今回は、精神分析の口語版とも言われる交流分析の「ストローク理論」を取り上げ具体的な接遇マナーという形でご紹介します。(講師より)

共済経税部 接遇講習会

【東部地区】トラブルを未然に防ぐ患者接遇の基本~ホスピタリティー・マインドの育成~

講師 : 津坂 知英子 氏(接遇マナー教育研究会・元JAL接遇講座インストラクター)
日時 : 5月16日(木)19:00~21:00
場所 : 沼津プラサ・ヴェルデ 3階コンベンションホールB (沼津市大手町1−1−4 JR 沼津駅北口徒歩3分)
対象 : 医師・歯科医師・スタッフ
参加費 : 1,000円
申込み : 下記申込書をダウンロードの上、FAX(054-281-7473)でお申し込みください。
備考 : 先生も含め受付、看護職員、歯科衛生士など職種を問わず、多数ご参加下さい。

 患者さまにとってよい医療サービスとは何でしょうか?今までは、主にこれが医療機関の施設といったハード面からのみ捉えられてきたようです。もちろんどんな医療機関(規模・設備・立地条件)で診てもらったかという点も大事ですが、むしろどんなスタッフ(医師・看護師・職員)にどのように診てもらったかというソフト面の方がより重要になってくるのではないでしょうか?これからの医療サービスを考えると、患者さまの立場に立って思いやりを持つ”ホスピタリティー・マインド”が不可欠となります。
 さらに、苦情クレーム発生の予防的な見地からは、まず医療機関を訪れる方の心理状態を考慮する必要があります。今回は、精神分析の口語版とも言われる交流分析の「ストローク理論」を取り上げ具体的な接遇マナーという形でご紹介します。(講師より)

西部支部講演会

血清亜鉛値の検査はなぜ健康診断に必要か?

講師 : 小野 靜一 先生(南長野医療センター篠ノ井総合病院 リウマチ膠原病センター部長)
日時 : 4月26日(金)19:15~20:30
場所 : アクトシティ研修交流センター 6階 62研修交流室
対象 : 医師等
参加費 : 無料
定員 : 70名 
共催 : 株式会社メディセオ、ノーベルファーマ株式会社
申込み : 下の申込書をダウンロードしFAXいただくか、電話またはメールでお申し込み下さい。

亜鉛は必須微量元素の9つのうちのひとつですが、酵素の核になっていることが多く、子供も成長ホルモン(GH)があってもそれを情報伝達するたんぱく質が働かないために成長が遅れることがあります。子供で亜鉛低値ではアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎を起こしやすく、妊婦では、9割が亜鉛不足であり、亜鉛値40μg/dL未満になると流産の危険性が高まります。成人期では亜鉛が低いとストレス(感染症、手術、癌、妊娠)が急に襲ってきたときに対応できずに死亡することもあります。年取ってからは亜鉛欠乏で肺炎にかかりやすかったり、癌になりやすかったりと、生命の予後にも関係してきます。これらのことから、すべての年代において健康のために亜鉛検査は必須といえるでしょう。
機序、亜鉛の作用点などについてもお話ししたいと思います。(講師より) 

東部支部・三井住友信託銀行 共催セミナー

相続が「争族」にならないために!~今から考える相続・資産承継対策~

講師 : 小嶋 晃太郎 氏(三井住友信託銀行 沼津支店 財務相談課 課長)
日時 : 4月18日(木)19時~20時50分
場所 : 沼津商工会議所2階 B会議室
対象 : 医師・歯科医師・奥様・事務長
参加費 : 無料
定員 : 40名
共催 : 三井住友信託銀行
申込み : 下の申込書をダウンロードしFAXいただくか、電話またはメールでお申し込み下さい。

「相続」が「争族」とならないために、今だからできる相続・資産承継対策、遺言による具体的な備えなど、近代のトレンドも含めわかりやすく解説いたします。
是非、この機会に想いと資産をつなぐ相続対策を一緒に考えてみませんか?

第一部「円滑な相続に向けて」~「争族」にならないための方法~
第二部「成年後見制度と民事信託(家族信託)」

西部支部 漢方講演会

女性医療への漢方~婦人科3大処方と次なる一手を考える~

講師 : 中山 毅 先生(浜松医科大学医学部附属病院産科婦人科 助教・病院講師)
日時 : 4月18日(木)19時15分~21時
場所 : TKP浜松アクトタワーカンファレンスセンターカンファレンスルームA(浜松アクトタワー25階)
対象 : 医師向けの内容ですが、どなたでも参加いただけます
参加費 : 無料
定員 : 50名
共催 : クラシエ薬品株式会社
申込み : 下の申込書をダウンロードしFAXいただくか、電話またはメールでお申し込み下さい。
備考 : 講演会冒頭に、クラシエ薬品(株)から情報提供がございます。
※本講演終了後、意見交換会を予定しております。

 更年期女性に対する漢方診療を中心に、明日からの診療に少しでもお役に立てるよう、漢方の魅力を伝えたいと考えます。
 閉経前後の5年間を更年期と呼び、この期間に現れる多種多様な症状により、日常生活に支障をきたした病態が更年期障害です。ホットフラッシュ、発汗、不眠が主な場合はホルモン補充療法を行い、不定愁訴を訴える場合は漢方療法を用います。更年期障害に対する漢方としては、当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸を用い、約7割はこの3剤(婦人科3大処方)で対応できます。とりわけ更年期女性は、抑うつ、不安、イライラといった精神症状を来すことが多く、私は主に加味逍遙散を初回に用います。2~4週ほど加味逍遙散で様子をみながら、症状に応じて五苓散、四物湯、補中益気湯、人参養栄湯を加法すると良い印象です。
 ちょっとしたコツについて説明いたします。(講師より)     

ここまで
AdobeReader(無料) ※PDF閲覧にはAdobeReader(無料)のダウンロードが必要です。