ここから

西部支部研究会

非アルコール性脂肪肝疾患 NASH/NAFLD診療における最近の話題

講師 : 中島 淳 氏
日時 : 2017年1月13日(金) 19時30分~21時
場所 : アクトシティ浜松コングレスセンター 43会議室
対象 : 医師・歯科医師・スタッフ
参加費 : 無料
定員 : 70名程度
申込み : 参加ご希望の方は、氏名・人数・連絡先を電話又はFAX、メールでご連絡下さい。

飲酒習慣がない脂肪肝はこれまで病的意義が乏しいとされてきたが近年肝硬変や肝臓がんになることが明らかにされ我が国で問題となりつつある。メタ解析では本疾患のアジアおよび欧米での罹患率は全人口の4分の一であり肝臓疾患で患者数最多の疾患である。
本疾患は慢性進行性のNASHでは線維化の進行に伴い肝硬変になることがわかっていたが近年NASHでなくとも脂肪肝であればゆっくりではあるが線維化が進行することが明らかにされた。診断はこれまで肝生検がなされてきたが近年非侵襲的診断方法において目覚ましい進歩が認められた。病態は腸内及び口腔内細菌のエンドトキシンの関与が我々を含め多くの研究者が報告しているがその詳細はまだ未解明部分が多い。治療法は減量などの生活習慣の改善が基本である。保険適応のある治療薬はいまだ認可されていない。ただし歯周病の合併例ではその治療により肝機能の改善を認める。本疾患では高率に心血管イベントを起こすことも知られおり脂質異常症などのリスク因子のコントロールも重要である。

歯科社保講習会 (西部地域)

2016年度 診療報酬改定を振り返る ~何がどう変わったのか?~

講師 : 保険医協会 歯科社保担当理事 (保団連歯科社保部員)
日時 : 12月17日(土) 18:00~19:30
場所 : 浜松プレスタワー 7階 静岡新聞ミーティングルーム
対象 : 歯科医師・請求事務担当者
参加費 : 無料
定員 : 60名
申込み : 参加ご希望の方は、氏名・人数・連絡先を電話又はFAX、メールでご連絡下さい。
備考 : ① 「歯科保険診療の研究 2016年4月版」のご持参を推奨いたします。(本がなくても受講に差し支えはありません)
② 中部、東部地域の講習会は2017年に別途実施いたします。

2016年改定から8ヵ月が経ちました。「か強診」や数々の補綴関連検査の新設、長年手がつけられていなかった補診や難抜歯、暫間固定等の改変・・・変更点は様々な分野に渡りました。そして改定後に、疑義解釈が6回も出され4月時点から変更となった部分も多々あります。
講習会では、改定後に出された疑義解釈を中心に、一般開業医がよく算定する改定項目を振り返って再確認します。また、最近の個別指導でどういった事が指摘されているのか等、指導の現状についても紹介します。

ここまで
AdobeReader(無料) ※PDF閲覧にはAdobeReader(無料)のダウンロードが必要です。