ここから

静岡県保険医協会 市民向け健康教室

放っておくと恐ろしい!スマホ・ゲーム依存の話

講師 : 近藤 直樹 先生 (マリアの丘クリニック理事長・院長)
日時 : 2019年1月20日(日)14時~15時半
場所 : 静岡商工会議所会館 4階 402会議室
対象 : どなたでも
参加費 : 無料
定員 : 80名
申込み : 下記案内書の内容をご確認の上、FAX(054-281-7473)または電話(054-281-6845)でご連絡ください。
備考 : 定員がございますので、事前に必ず参加のご連絡をいただきますよう、お願いいたします。

 90年代半ばから、「インターネット依存症」という言葉が聞かれるようになりました。ただその頃は、まだほんの一部の特殊な人たちのことで、自分には関係ないと考えている人が大半でした。ところが、約10年前、スマートホンが世に登場すると状況は一変しました。スマホは、いつでも、どこでも、誰でも容易に使えるため、多くの人が電車やバスの中、自宅のソファー、ベッドの中で、スマホを手にして、ゲームをしたりSNSを利用するようになりました。
 最初は誰でも「スマホは皆使っている。自分は単に人よりスマホを使う時間が少し長いだけ」と思うに過ぎず、危機感は持ちません。それがやがて、仕事や家事、勉強などの効率低下につながっていき、家族関係にも支障を来すようになります。その頃には「スマホ依存」と呼ばれる状況になっていて、すでに脳の中でも変化が起こっています。講演当日は、依存症の基礎知識からスマホ依存による脳障害の具体的な内容まで、分かりやすくお話をしたいと思います。
(講師より)

東部支部 歯科研究会

歯周病の基礎知識と歯周組織再生

講師 : 林 潤一郎 先生(愛知学院大学歯学部 歯周病学講座 講師)
日時 : 12月13日(木)19時~20時30分
場所 : 三島商工会議所1階 TMOホール(三島市一番町2-29)
対象 : 歯科医師、医師等
参加費 : 無料
共催 : 静岡県保険医協会・科研製薬株式会社
申込み : 下記申込書をダウンロードの上、FAX(054-281-7473)でお送りいただくか、電話(054-281-6845
)でご連絡ください。

歯周病は口腔の常在菌が歯周組織に付着して生じる慢性炎症性疾患で、不可逆的な歯周組織破壊を生じます。細菌性の因子だけではなく、生体側の反応の違いも、病態に大きく関係します。糖尿病や喫煙などはその典型例で、複数の要因が歯周病の進行に強く作用します。
 歯周病の治療は、徹底した原因除去療法が基本です。また、この不可逆的変化について、少しでも元の状態に回復できるようにするための治療法として、再生療法についての研究や臨床的な試みが積み重ねられてきました。
近年開発された、トラフェルミン(rhFGF-2)を主剤とした歯周組織再生剤  「リグロス®」は、世界初の歯周組織再生医薬品として注目を集めています。
 今回のお話では、歯周病に関する基礎知識と再生療法を中心とした歯周病治療の基本的考え方を説明していきたいと考えています。(講師より)

ここまで
AdobeReader(無料) ※PDF閲覧にはAdobeReader(無料)のダウンロードが必要です。