ここから

東部支部主催

Web講演会「口腔粘膜疾患について」

講師 : 廣田 誠 先生 (横浜市立大学附属市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科 部長)
日時 : 2月7日(火)19:00~20:30
場所 : ZOOMウェビナー
対象 : 会員
参加費 : 無料
申込み : ※申込締切 2月6日(月)
※事前にメールでお申し込み下さい。
申込先メールアドレス  s-hokeni@doc-net.or.jp
メールの件名に「2/7口腔粘膜疾患」
メール本文に ①会員名 ②医療機関名 ③参加人数 ④市町 
⑤パソコンメールアドレス(スマホから申し込んだ方のみ) をご送信ください。
※後日、頂いたメールアドレス宛に講演会用のURLを送信します。Web講演会当日は、送信メール本文内のURLにアクセスしてご参加下さい。

口腔の粘膜には感染症や腫瘍など様々な疾患が生じます。歯肉や頬粘膜、舌などそれぞれが特徴を有しており、また歯および骨組織から筋組織や唾液腺まで多種多様の組織と隣接しているため粘膜の発赤、腫脹から肥厚やびらん、潰瘍などその部位の特性を持った様々な変化を示し、診断に苦慮することがしばしばあります。本講演会では口腔粘膜疾患そのものが有する病態と隣接する臓器・組織によって生じる症状を手がかりとした診断からその後の対応および治療について講演いたします。(講師より)


放射線安全管理研修会

Web講演会「日常診療における放射線の基礎知識」

講師 : 外山 宏 先生 (藤田医科大学医学部放射線医学教室 主任教授)
日時 : 2月21日(火)19:00~21:00
場所 : ZoomウェビナーによるWeb講演
対象 : 会員の医師・歯科医師・診療放射線技師・看護師・歯科衛生士・その他スタッフ等
申込み : ※事前にメールにてお申し込みください。申し込み後、個々に講演会用のURLをお知らせいたします。
【申込先メールアドレス】s-hokeni@doc-net.or.jp
メールの件名 「2/21放射線安全管理研修会」
メール本文に、①会員名 ②医療機関名 ③参加人数 ④市町を記入して送信してください。

2020年4月1日から医療法施行規則の一部が改正され、医療用放射線に係る安全管理体制の確立が求められるようになりました。放射線診療を受ける者に対する説明行為は、主治医または歯科医師が責任を持って実施すると明記されています。検査前には「検査の必要性」、「被ばくの影響」、「被ばくの取り組み」の説明が必要となります。本研修では、医療被ばくの基本的な考え方と防護の最適化、放射線診療の正当化など中心にお話いたします。         (講師より)

医科歯科連携研究会

医科に知ってもらいたい歯科の「痛み」  -口腔顔面痛の連携のお願い-

講師 : 井川 雅子 先生 (静岡市立清水病院口腔外科)
日時 : 2月9日(木)19:30~21:00
場所 : 静岡県男女共同参画センター あざれあ5F 第3会議室
対象 : 会員の医師・スタッフ等
参加費 : 無料
定員 : 60名
申込み : 必ず事前に、保険医協会事務局(TEL:054-281-6845)までお申し込みください。

歯科領域には口と顔の痛みを専門に扱う「口腔顔面痛(学)」が存在する。
2017年には国際疼痛学会が組織損傷がなくても痛みが生じうることを公認し「nociplastic pain:NP(痛覚変調性疼痛)」と命名した。歯科における代表的なNPは、特発性口腔顔面痛(いわゆる舌痛症・非定型顔面痛/歯痛)である。治療の第一選択は、鎮痛補助薬である抗うつ薬である。また、群発頭痛を代表とする三叉神経・自律神経性頭痛(4種類)は、顔面の激痛として自覚されるため患者が歯科を受診することが多い。これらの疾患の診断と治療には、医科との連携が必須であり、是非ご協力をお願いしたい。 (講師より)

医療安全管理対策講習会

患者トラブルの最近の特徴と対処法をつかむ ―特にネットの悪質書き込みと 「応召義務」の新しい理解について-

講師 : 尾内 康彦 氏 (元大阪府保険医協会事務局次長)
日時 : 2月4日(土)15:00~17:00
場所 : 札の辻クロスホール
対象 : 会員の医師・歯科医師・スタッフ等
参加費 : 無料
定員 : 60名
申込み : 必ず事前に、保険医協会事務局(TEL:054-281-6845)までお申し込みください。
備考 : ・現地参加者には医療安全管理対策講習会受講証を発行いたします。
・後日、Web配信の予定です。詳細は別途FAX等でご案内いたします。

患者トラブルもこの間新しい特徴(特にネットへの悪質書き込み)が付け加わっており、その点をまず最初に時間を取り、説明します。
そして患者トラブルだけでなく、最近では医療関係者自身の命と安全確保も危機にさらされるようになってきています。2つの医師殺害事件、元首相銃撃事件などに共通するもの、その先にあるものについても言及してみます。こうした中で「応召義務」自体が大きな武器になりうることを証明したいと思います。
ネットでは医科以上に歯科のDrがターゲットになっています。当日は全部実例で、しかも解決例をお話しします。 (講師より)

【西部地区】歯科 施設基準対応研修会「歯初診・外来環」

講師 : 伊藤 正樹 先生 (名古屋徳洲会総合病院 歯科口腔外科主任部長)
日時 : 2月19日(日)9:30~11:30
場所 : アクトシティ浜松コングレスセンター43・44会議室
対象 : 会員の歯科医師 (代理不可)
参加費 : 1,000円
定員 : 50名
申込み : 必ず事前に、保険医協会事務局(TEL:054-281-6845)までお申し込みください。
備考 : ・受講証を参加された会員本人にのみ発行します。
・10分以上遅刻された方や、途中退席された方には受講証を発行出来ませんので予めご了承ください。

「歯科点数表の初診料の注1 (歯初診)」「歯科外来診療環境体制加算 (外来環)」に対応する研修会を下記の日程で県内3か所で開催します。
●中部地区 2022年11月27日(日)開催済
●東部地区 2023年1月29日(日)開催済
●西部地区 2023年2月19日(日)

「歯初診」の施設基準は、4年に1度「院内感染防止対策研修」の受講が義務付けられております。

★「歯初診」は、歯科医療現場における医療従事者の標準予防策や新興感染症に対する対策などを解説する歯科院内感染防止対策の研修です。
★「外来環」は、偶発症に対する緊急時の対応や、医療事故対策などの歯科医療機関における医療安全のあり方を解説する研修です。

ここまで
AdobeReader(無料) ※PDF閲覧にはAdobeReader(無料)のダウンロードが必要です。